ユーザー sotarokob の写真

中共イデオロギーに激しく揺さぶられ死文化してゆく、日本国憲法第9条の現実

2021年5月3日を以って、日本国憲法の施行から74年目の憲法記念日を迎えた。
その一方で、法の支配に基づく西欧型民主主義の国際秩序に対抗し清王朝以前の中華国際秩序の回復と復権を究極の目標として挑み続ける
昨今の中国共産党のイデオロギーによって、第9条の条項の現実的意義は次第に失われてゆく現実に直面している。

特に2021年2月1日に施行された中華人民共和国海警法の第22条において
「国家の主権、主権的権利及び管轄権が、海上において外国組織及び個人の違法な侵害を受ける又は違法な侵害を受ける緊迫した危険に直面する場合、
海警機構は、本法及びその他の法律又は法規に基づき、武器の使用を含む全ての必要な措置を講じ、現場において侵害行為を制止し、危険を排除する権利を有する」
と規定されて以降、第9条第2項の「交戦権の否認」の規定は決定的な打撃を受けてしまっていると考えざるを得ない。

日本国憲法 第2章 戦争の放棄
〔戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認〕
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
    国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

    -> 一部の憲法学者の先生方の学説通り、この規定において日本国は他国の侵略・征服のための戦争を永久に放棄したのであって
      自衛のための戦争や国際法上の集団的自衛権までをも放棄はしていないと解釈できるため、
      この条文は引き続き現実的に機能し改正される必要はないと感じる。

    2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

    -> 一部の憲法学者の先生方の学説通り、日本国の自衛と国際法上の集団的自衛権の役割を担う自衛隊は戦力ではないと解釈できるため、
      条文の前半は引き続き現実的に機能し改正される必要はないと感じる。
      しかしながら、非常に不本意ながら、
      超音速ミサイルを誘導し敵基地を高精度に攻撃する無線工学の技術レベルのみならず
      他国の軍用システムを偵察し侵入して無効化または破壊するコンピュータ・ネットワークセキュリティ技術のレベルの両面において
      近年世界を凌駕している中国と日本との間の勢力均衡が崩れてしまい既に武力衝突の抑止力が効かなくなってしまっている現状において、
      将来有事が発生した場合、条文の後半の規定に則って引き続き一律に交戦権を否認し続けてゆくなどということが果たして現実的に可能なのだろうか?

中国人民解放軍 東風17 (DF-17) 極超音速ミサイルのYouTube投稿動画
- 単純な放物線軌道を外れた軌道に滑空して飛行ルートを変更し予測計算が困難なため、
 的確にホーミング誘導妨害を行って飛行ルートをずらしたり既存のパトリオット迎撃ミサイルで追尾撃墜することが極めて困難と懸念される
https://www.youtube.com/watch?v=AFn-fe9L0x4
https://www.youtube.com/watch?v=1NPmhQ5xQZA
https://www.youtube.com/watch?v=yin76GLViNo

短距離地対空ミサイルから準中距離~大陸間の全射程の弾道ミサイルに至るまで驚異的な技術革新を成し遂げ、着実に実戦配備が進む中国人民解放軍のミサイル技術
https://www.youtube.com/watch?v=4aJ26WmFQY8
https://www.youtube.com/watch?v=cd6atwh3E98

第13回 珠海航空ショー(2021年9月開催) における編隊アクロバット飛行およびドローン機無人飛行の YouTube投稿動画
- 最先端の軍用GPS衛星およびレーダー技術を駆使し
 国産ステルス戦闘機 殲-20 (J-20) とドローン機を高精度かつ高確度に3次元ベクトルにおいて自動位置制御・自動速度制御する技術を誇示する。
 機体の自律飛行と敵レーダー装備の妨害無能力化を支える
 マイクロ波帯~ミリ波帯に亘る極広帯域な範囲での周波数利用を常時最適化する能動コンポーネンツ/受動コンポーネンツの驚異的な技術革新を敢えて公開し
 優位性を示すことによって、
 欧米各国と日本に代表される西欧型民主主義国家からの批判と攻撃を抑止しようとする中国共産党の頑強な意思が感じられる。

https://www.youtube.com/watch?v=tcO0_9muT5o
https://www.youtube.com/watch?v=vtlFGzWHQew
https://www.youtube.com/watch?v=1UB028RWHEw
https://www.youtube.com/watch?v=YL_8pMi28w4
https://www.youtube.com/watch?v=FwtKNCZcbrM
https://www.youtube.com/watch?v=us8qPQK_2Pk
https://www.youtube.com/watch?v=DBNo09D8GEk
https://www.youtube.com/watch?v=B-2sWViqRi0

https://en.wikipedia.org/wiki/BeiDou
https://wisdom.nec.com/ja/series/tanaka/2020122201/index.html

また、海警法第22条だけでなく
EU首脳に対して「人権の先生はいらない」と公然と発言する「习爷爷」ならぬ 「手に負えない反抗期真っただ中の習近平少年」が説く強軍思想によっても
第9条第2項の「交戦権の否認」の規定が激しく揺さぶられている現況において、
「但し、正義と秩序を基調とする国際平和の原則を遵守する意思を有しない国家によって武器の使用を受け攻撃されるなど日本国民の生存権が脅かされる場合は、
即時自衛の手段のための交戦権が生じる。」といった例外規定の追加が早急に必要となっているのではないだろうか?

ユーザー sotarokob の写真

限界点にぶち当たる、中共の春暁の夢とアジア全域における国権回収

日本・米国・オーストラリア・インドなどアジア太平洋地域の各国に対して
現状の国境を力ずくで変更し高圧的な外交姿勢で振る舞う昨今の中国の政策の根底をなす
清王朝以前の中華国際秩序を回復し東アジア文化圏の復興を目指す中国共産党のイデオロギーが、
先週開催された日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)と米中外交トップ会談
さらには続いてEU・イギリス・米国・カナダが歩調を合わせて発動した新疆ウイグル自治区公安庁当局者らへの制裁措置と
米国商務省が中国スパコンメーカー7企業/研究機関に対して発動した半導体チップ・インターフェース部品全てにわたる禁輸措置を機に、
いよいよ限界点に達し最後は粉砕され自滅してゆくことを願ってやまない。

米国商務省プレスリリース
https://www.commerce.gov/news/press-releases/2021/04/commerce-adds-seven...

中国王朝が衰退滅亡しと冊封体制が崩壊した19世紀末以降に
日常生活全般において思考方式が完全に脱亜してしまっている現代日本の一個人として、
これからも変わることなくイギリス・米国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・インド・ドイツ・フランスなど
西欧型民主主義と法治国家に生きる人々と連携しながら発展してゆけるものと強く期待したい。

一方で中国人民の方々に対しては、
成熟した政治市民である私たち現代日本人と
邪馬台国卑弥呼・聖徳太子・阿倍仲麻呂・足利義光・歴代の琉球国王といった脱亜前の未熟な倭人との間では
生活様式と思考方式が完全に隔絶し共通項を失ってしまっているため、
アジアにおける中華国際秩序の回復と東アジア文化圏の復興に日本を含めるイデオロギーそのものが
全くもって実現不可能な春暁の夢
であることを、心よりご理解いただきたい。

ユーザー sotarokob の写真

「中華民族の偉大な復興」に飲み込まれてゆくのは、まっぴら御免だ!

21世紀に入って20年を過ぎる時代となり、
北京官話の話者の人口数が English speakers の人口数に肉薄する程までに
世界において中国が占める地位と存在感が急速に高まっている。
それにしたがって、中共党中央が領導する中国の政策は
「中国製造2025」→「中華民族の偉大な復興」→「愛国主義教育」→「強軍思想」→「アジア全域における国権回収・失地回復」
→「海外への発展利益」→「一帯一路」の思考のスパイラルに基づいて、
悪辣な手法による技術窃取を繰り返しながら、ひたすら前進し推し進められている。

その結果、南シナ海において、
西沙諸島・中沙諸島・南沙諸島はベトナムとフィリピンから奪い返されて
既に海南省三沙市として完全に中国の実行支配下に置かれてしまった。

そして東シナ海においても、
非常に不本意で残念なことに、
1879年の琉球王国の滅亡と併合により名実ともに日本国固有の領土となっている「沖縄県石垣市字登野城尖閣」の領海に
ほぼ連日にわたって中国海警の公船が侵入を繰り返す状況となっている。

当然のことながら、19世紀末以降に中国王朝の冊封体制が完全に崩壊して以降は
安南や琉球王国や朝鮮王朝など過去に中国へ朝貢していた国々は春眠の夢のように消滅してしまっている
ので、
こうした中共のアジア各国に対する国権回収・失地回復・海洋進出の動きは理解を超えた愚の骨頂であり
極めて危険なイデオロギーと言わざるを得ない。

日々の生活においてAcademic English books と日本語新書を読むことが習慣であり日英bilingual speaker である個人としては、
近い将来に「中華民族の偉大な復興」「アジア全域における国権回収と海外への発展利益は中国夢」といった危険思想
強要されるような事態となれば、毅然とした態度で臨まざるを得ない。

ユーザー sotarokob の写真

新型コロナウイルスのパンデミック宣言 - 加速度を増すポスト・グローバル化への備え

WHO (世界保健機関) により新型コロナウイルス (COVID-19) が公式にパンデミック宣言された2020年3月11日を機に
世界中の国々において出入国禁止措置が施行され、
それ以前はビザなしで自由だった国家間の人々の往来は強権を発動してでも抑止されざるを得ない状況となっている。

新型コロナウイルスのヒトへの感染地域が中国・韓国・イラン・日本から
イタリア・スペイン・フランス・ドイツさらには英国・米国・インドへと拡大する中、
世界中の国々と医療研究機関は地域住民の生命・健康の維持を最大の優先課題として
COVID-19用のスクリーニング臨床検査手法の改善とワクチンの確保に加えて地域病院の医療サービスの底上げに奔走し、
膨大な数の計画事項の検討と迅速な意思決定や改善のため絶え間なく変化する手順に適応することに
忙殺されている。

あらゆる変異ウイルスに有効なワクチンや抗ウイルス薬が開発されるまでさらに時間を要するため、
開発に成功するまでの当面の間に人々は自宅や地域・自らのコミュニティ内に留まり続けることを余儀なくされて、
今後はあらゆる国において医療産業を中心とした内需型の公益事業と公共事業が経済を牽引してゆく状況にある。
もはやビジネスや研究開発・学術交流などあらゆる分野において二重国籍パスポートか永住ビザを保有する国以外への渡航が
ほぼ不可能な状況となり
外国人や外国資本とオリンピック開催から得られる恩恵が低下し国内における感染拡大への対処以外への関心が薄れてゆく中、
結果として、
日を追うごとに優れた医療サービスの品質と公平さやマナー・習慣と治安を誇る日本国内向けのビジネスプランに注力し
ポスト・グローバル化時代の生活に備えて思考を変化適応させてゆく必要性を強く感じる。

日本医師会 -「世界に誇れる日本の医療保健制度」
https://www.med.or.jp/people/info/kaifo/

このコロナウイルスは、自らの遺伝子のRNAゲノム情報を私たちの細胞の正常なDNAゲノム情報に対して逆転写→複製・翻訳し
ハイジャックするだけでなく、
私たちの思考をハイジャックして先日まで広く信奉されていたグローバル思考からドメスティック重視のローカル思考へと
根底から書き換えつつあるのではないだろうか?

ユーザー sotarokob の写真

天皇陛下の御即位を心よりお慶び申し上げます。

日を追って国際情勢が激変し世界平和と国の隆昌が一層切望される令和の御代を迎えるにあたって、
天皇陛下のご即位を衷心よりお祝い申し上げます。

ユーザー sotarokob の写真

マンチェスター自爆テロ攻撃で亡くなられた皆様に、心より哀悼の意を表します。。。

BBC 記事
http://www.bbc.com/news/uk-40014966

5月22日夜 マンチェスター・アリーナ コンサート会場で起きた自爆テロ攻撃で
無惨に命を絶たれることになってしまった皆様のご冥福を心よりお祈りします。
常にその時々の学生・若者の多種多様な才能・未知への好奇心・前人未踏への探究心と柔軟なアイデアが
次世代イノベーションへの起爆剤となって
街全体が永続的に繁栄してゆく北イングランドの経済成長モデルの裏をかいた今回のテロ手法は、
どんな理由があれ断じて許すことができません。怒りの感情がこみ上げてくると同時に、非常に心が痛みます。。。

ユーザー sotarokob の写真

WannaCry の猛威に対して、全てのWindowsインフラの感染予防作業を早く終えないとまずい 。。。

既に広く報じられてよく知られていますが、
先週末金曜日5月12日以降にWindowsインフラ(パソコン、サーバ、機器、システム)を狙った
ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)の感染が全世界的に蔓延する中、
最低限の予防対策としてWindowsセキュリティパッチ適用をいち早く終えておく作業に
世界中のシステム管理者が日夜追われる状況になっています。

WannaCryが全てのWindows OSが既定で有効化起動している
SMBファイル共有サービスの脆弱性を突いたウイルスである性質上、
カスペルスキー社のセキュリティ情報にて
極めて深刻な内容のリスク・脅威に関する分析結果と
全てのWindows OS に対して早く終えないと非常にまずい
最低限の感染予防対策作業の手順が公開されていることが判明したので、
私自身もWindows OS コンピュータ全てに
各セキュリティパッチを適用する作業に昨日以降追われています。

カスペルスキー社SecureList 対策情報
https://securelist.com/blog/incidents/78351/wannacry-ransomware-used-in-...

マイクロソフト社 セキュリティパッチ適用ファイルのダウンロードサイト
https://technet.microsoft.com/en-us/library/security/ms17-010.aspx

現在全世界からのアクセスが殺到していてダウンロードに時間がかかり面倒ですが、
何とか Windows 7, Windows8.1, Windows 10, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2
全てのセキュリティパッチ適用ファイルを入手しインストール→再起動→最新の状態に更新できたので少し気が楽になってきました 。。。
それにしても、他人のシステムを勝手に暗号化しておきながら
複号・復旧にビットコインで支払いを要求する身代金ウィルスを開発したこのハッカーの犯罪行為は極刑に値するような気がする。
早い時期に逮捕・収監されることを、心より願ってやみません。

ユーザー sotarokob の写真

グローバル化という妄想と幻影から抜け出す時代に入ったな 。。。

51.9% : 48.1% で、イギリス国民はEUを離脱する道を選択した。
51.9%の人々の生活スタイルと日常の関心事について
想像を働かせて仮定を立ててみると自ずと結論が見えてくる、
ごく当たり前の投票結果のような気がしてきた。

1. 日々の生活で、住居費と食費と100円ショップ(Pound Shops)での日用品の値段が
  主な心配事となっている。
2. ヨーロッパ大陸メーカー、日本メーカーの自動車、高級工業製品、高級ファッション製品などは
  買えないので、ほとんど関心がない。
3. より低価格な中国・アジア・アフリカ製品が、普段の生活での関心事となっている。
4. 外国語に全く関心がなく、一度もヨーロッパ大陸を旅行したことがない。
5. 英語圏の他の国への関心もなく、一度も海外を旅行したことがない。
6. 食感がCreamyすぎるフランス料理とOilyすぎるイタリア料理は口に合わない。
  中華やインドカレーの持ち帰り(takeaway)や寿司ランチボックスが、
  サンドイッチとフィッシュ&チップス・パブ飯以外では好きな料理。
7. 「EU市民では決してなく、イギリス連邦市民であり家系永代にわたって続くAnglo‐American互恵経済圏の一員である」 という自覚の方がはるかに強い。 ...

つまり51.9%のイギリス国民にとっては
グローバル化もしくはEU参加によって恩恵を受けているという生活実感が非常に乏しく、

1. 金融グローバル化とリーマンショックによって住宅ローンが返済不能となり、損失を被ったあげく社会的信用も失った。
2. 不動産投資グローバル化によって住宅価格が高騰したので、EU離脱によって何としてでも住宅価格を下落させたい。
3. EUの漁獲量規制と農業規制は水産・農産物のEU各国からの輸入押しつけなので、
EU離脱によって食料自給率を上げて何としてでもサンドイッチとフィッシュ&チップス・パブ飯の値段を下げたい。
4. 中東欧EU各国からの移民によって年金・社会保障費を奪い取られる前に、EU離脱によって何としてでも強制送還して帰国させたい。
5. ブリュッセルのEU本部官僚の手から、イギリス連邦の政治運営と法制度を何としてでも取り戻さなければならない。

といった、EU参加によって受けた被害に対する抵抗感と反発心だけが心に残る結果となっている。

ドイツ・オーストリア・オランダ・フランス・イタリア・スペインやポーランド・チェコといた他のEU加盟国においても、
「何が何だか分からない正体不明な外国による権益や外国との関係よりも、国民と国益の方を力ずくででも優先させるぞ !!!」という
ごく自然な民族主義的な風潮が着実に芽生えていることを考えると、
「イギリスのEU離脱が他のEU各国離脱へとドミノ倒しで波及し、いよいよEUは崩壊を迎える」シナリオもあり得る時代に入ったと感じる。

さらによく観察し考察してみると、
生まれた頃から慣れ親しんできた地域と民族への強固な帰属意識・土着の生活習慣や文化・州政府や地方共同体の権限・各国の習慣と歴史文化に根ざした国内法制度
さらには、道路や森林・河川の向こう側に住む異民族との間での些細な諍いが大規模な紛争に拡大して屈服した場合に自民族が同化され消滅してしまうことへの歴史的な危機意識は
そう簡単に単純なグローバル化の線形一次方程式によって変えられるものでは決してない。

今後は、世界各国の国情と国益のm×n行列式の最適解が一意に決まらず、徐々にグローバル化の妄想と幻影という正体が明るみになってくるような気がしてきた。

- When in Rome, do as the Romans do!

ユーザー sotarokob の写真

熊本地震で亡くなられた方々へ、心よりお悔やみ申し上げます。。。

今回の内陸型地震で亡くなられた方々へ、心よりお悔やみ申し上げます。。。
阪神・淡路大震災の内陸型地震から21年を経た現在でも、
神ではない人間が宇宙・地球が持つ高エネルギーをコントロールすることは不可能な現実を
目の当たりにし、虚しい気持ちでいっぱいです。
また、9年前に熊本県震災対策指針にて発生規模が予測されていたことを考えると
何とも無念としか言いようがありません。
http://www.sougen10.jp/taishin/taishin-estimate/

心より、ご冥福をお祈り致します。。。

ユーザー sotarokob の写真

マレーシア航空 MH17便 撃墜で亡くなった方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

2014年7月17日12時14分(中央ヨーロッパ夏時間)にアムステルダム スキポール国際空港を飛び立ち
3時間後に内線下のウクライナ東部ドネツク州上空で親ロシア派武装勢力が放った地対空誘導ミサイルによる撃墜に遭遇し、
志半ば無念のうちに命を落とした犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
事故後の親ロシア派兵士の遺体への取扱いと遺品・証拠品隠しの行動が、21世紀現代人の通常の人権感覚からするとあまりにひどいぞ! (怒)
人の遺体を取り扱う際の感覚が、帝政ロシア時代のツァー(皇帝)やソ連時代のスターリンによる圧政の頃に殺された無実の犠牲者の遺体の取扱い
の頃と今でもあまり変わっていないようだ。。。
ツァー(皇帝) → レーニン・スターリン → プーチン と時代は下って進化しているはずなので、戦争で亡くなった人や政敵への待遇は
シベリア流刑・シベリア抑留犠牲者並み同等の待遇と決してならないことを心より願います。

ページ

Subscribe to SumTOWN : パブリックCMS・オープンSNS - サムタウン街へようこそ RSS