現在地

グローバル化という妄想と幻影から抜け出す時代に入ったな 。。。

ユーザー sotarokob の写真

51.9% : 48.1% で、イギリス国民はEUを離脱する道を選択した。
51.9%の人々の生活スタイルと日常の関心事について
想像を働かせて仮定を立ててみると自ずと結論が見えてくる、
ごく当たり前の投票結果のような気がしてきた。

1. 日々の生活で、住居費と食費と100円ショップ(Pound Shops)での日用品の値段が
  主な心配事となっている。
2. ヨーロッパ大陸メーカー、日本メーカーの自動車、高級工業製品、高級ファッション製品などは
  買えないので、ほとんど関心がない。
3. より低価格な中国・アジア・アフリカ製品が、普段の生活での関心事となっている。
4. 外国語に全く関心がなく、一度もヨーロッパ大陸を旅行したことがない。
5. 英語圏の他の国への関心もなく、一度も海外を旅行したことがない。
6. 食感がCreamyすぎるフランス料理とOilyすぎるイタリア料理は口に合わない。
  中華やインドカレーの持ち帰り(takeaway)や寿司ランチボックスが、
  サンドイッチとフィッシュ&チップス・パブ飯以外では好きな料理。
7. 「EU市民ではなくイギリス連邦市民である」 という自覚の方がはるかに強い。 ...

つまり51.9%のイギリス国民にとっては
グローバル化もしくはEU参加によって恩恵を受けているという生活実感が非常に乏しく、

1. 金融グローバル化とリーマンショックによって住宅ローンが返済不能となり、損失を被ったあげく社会的信用も失った。
2. 不動産投資グローバル化によって住宅価格が高騰したので、EU離脱によって何としてでも住宅価格を下落させたい。
3. EUの漁獲量規制と農業規制は水産・農産物のEU各国からの輸入押しつけなので、
EU離脱によって食料自給率を上げて何としてでもサンドイッチとフィッシュ&チップス・パブ飯の値段を下げたい。
4. 中東欧EU各国からの移民によって年金・社会保障費を奪い取られる前に、EU離脱によって何としてでも強制送還して帰国させたい。
5. ブリュッセルのEU本部官僚の手から、イギリス連邦の政治運営と法制度を何としてでも取り戻さなければならない。

といった、EU参加によって受けた被害に対する抵抗感と反発心だけが心に残る結果となっている。

フランスやスウェーデンやデンマークやオランダといた他のEU加盟国においても、
「何が何だか分からない正体不明な外国との関係よりも国民と国益の方を、何としてでも優先させなければならない」という
ごく自然な民族主義的な風潮が着実に芽生えていることを考えると、
「イギリスのEU離脱が他のEU各国離脱へとドミノ倒しで波及し、いよいよEUは崩壊を迎える」シナリオもあり得る時代に入ったと感じる。
さらによく考えて観察してみると、
生まれた頃から慣れ親しんできた地域と民族への強固な帰属意識・土着の生活習慣や文化・州政府や地方共同体の権限・各国の習慣と歴史文化に根ざした国内法制度は、
そう単純にグローバル化の方程式によって変えられるものでは決してなく、
今後はグローバル化の妄想と幻影という正体が徐々に明るみになってくるような気がしてきた。